HOME 診療案内 院長プロフィール 交通アクセス

院長 医学博士:岩ア 良和

ご挨拶

 

こんにちは、みその内科クリニック院長の岩ア良和です。
当院があるこの地にはもともと祖父 岩ア与五郎が昭和26年9月に岩ア内科小児科
医院を開院した地であります。祖父 岩ア与五郎は昭和59年3月までの約33年間
にわたり、この地域の診療に従事させていただいておりました。祖父が昭和59年に
他界、当時、父 有良は大学において消化器病の診断、治療、研究に従事しており、
その道を極めんとすべく、大学に残る道を選び、岩ア内科小児科医院は一旦閉院と
なりました。
そしてこの度、24年ぶりに祖父与五郎が長年開業していた場所である蒲田で
祖父の遺志を 継ぎ、みその内科クリニックを開院することとなりました。
私は平成9年に聖マリアンナ医科大学を卒業後、日本大学医学部第3内科教室
(現、内科学系消化器肝臓内科学分野、糖尿病代謝内科学分野)に入局いたしました。
内科全般を中心とした2年間の研修を終え、消化器科及び糖尿病を中心とした医療に
従事することとなりました。特に大学病院においては内視鏡検査、内視鏡治療を専門
分野として力を入れてきました。また、銚子市立総合病院、春日部市立病院において
地域医療に携わり、消化器疾患、糖尿病疾患だけにとらわれない幅広い診療を経験
及び実践し、 地域医療における役割を学び、また大学病院と地域医療機関との病診
連携の重要性を身をもって感じてきました。 最近の医療情勢は専門性に特化し
細分化されてきております。

現に自分の所属した第3内科学教室も、現在では内科学系消化器肝臓内科学分野、
糖尿病代謝内科学分野と分科されております。細分化することにより同じ内科という
分野でありながら、自分の専門分野とする疾患以外の内科的疾患とは離れてしまい、
自分の目標としている医師の役割とのずれを感じずにはいられませんでした。
現代において患者様のニーズはさまざまであり、また患者様が擁している疾患は単純
ではなく、これらをすべて大学病院などの大病院でまかなうことは難しい状況と考えて
おります。
自分はかねてより、自分の専門分野である消化器科を中心としながらも、内科全般に
わたる診察治療を実践したいと考えておりました。実際、消化器科疾患はガン等の
悪性疾患が多く、その中で治療だけではなく患者様及びご家族の方の心のケアを
含めた 診療も心がけ、また糖尿病疾患を通して現在大きな問題となっている生活
習慣病の管理、指導についても研鑽を重ねてきました。

これからの医療において、地域のホームドクターとしての役割を果たすことは重要では
ありますが、加えて大病院、地域の中核病院の負担を減らすべく専門性を発揮していく
診療所の存在は必要不可欠と考えております。
祖父がやっていたことを現代の新しい視点から、今までの経験、知識をいかして実践を
していきたいと決意し、みその内科クリニックを 開院するにいたりました。

院長先生

 

岩ア内科小児科医院

 

岩ア内科小児科医院

みその内科クリニック・岩崎整形外科外観

学歴

平成 3年 私立 市川高等学校卒業
平成 3年 聖マリアンナ医科大学 入学
平成 9年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成 9年 第91回医師国家試験合格

 

略歴

平成9年4月 日本大学医学部研修医第三内科学講座
(現、内科学講座消化器肝臓内科学分野、
糖尿病代謝内科学分野)勤務。
平成11年5月 銚子市立総合病院内科勤務
平成12年11月 日本大学医学部助手 第三内科学講座
(現、内科学系消化器肝臓内科学分野、
糖尿病代謝内科学分野)勤務。
平成15年5月 日本大学医学部専修医内科学講座内科3部門
(現、内科学系消化器肝臓内科学分野、
糖尿病代謝内科学分野)勤務
平成16年7月 春日部市立病院内科勤務
平成18年4月 日本大学医学部専修医内科学系
消化器肝臓内科学分野勤務
平成20年6月 みその内科クリニック開院

資格

医学博士
日本大学医学部内科学系
  消化器肝臓内科学分野 兼任講師 
日本内科学会認定内科医   
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本医師会認定産業医
がん検診認定医
日本糖尿病協会登録医

 

所属学会 等

日本内科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
日本大腸検査学会
日本消化吸収学会
日本消化管学会
日本糖尿病学会
日本糖尿病協会
日本がん検診・診断学会
社団法人 蒲田医師会